口唇ヘルペスの治療

口唇ヘルペスを早く治す方法を教えて

MENU

口唇ヘルペスの治療方法

 

加齢と共に感染率の上がる口唇ヘルペスは発症しない人もいますが、いつ発症するかはわかりません。発症してしまったら早めの対処が大切になりますが初めて口唇ヘルペスを発症する人は水泡ができて初めて気づく人も多くいます。本来なら水泡ができる前に治療する方がいいのですが、なんらかの理由で水泡ができて治療をしなければいけない場合があります。

 

口唇ヘルペスの治療にはどんな方法があるのでしょうか。基本的に口唇ヘルペスは自然治癒する病気です。約2週間で感知しますが水泡が潰れてジメジメしたり希に痕が残ってしまうことがあります。また、最近では営業マンや接客業といった人前にでる仕事に差し支えるとして早期治療を望む人が増えてきています。

 

口唇ヘルペスを早めに治したい人は病院で「抗ヘルペスウイルス剤」が処方されます。内服薬になるので病院を受診しなければ貰うことはできませんが、効果が高いので口唇ヘルペスが気になる人は受診してみましょう。注意として発疹や下痢、頭痛といった副作用が起こる可能性があるので薬の特徴を理解して服用しましょう。再発の場合なら市販の軟膏も治療方法としてオススメです。

 

口唇ヘルペスは再発の可能性が高く、大人になってからの発症はほとんどが再発です。再発は1度口唇ヘルペスの初期段階を経験しているので口周りに水泡ができる以前の段階で市販の軟膏を塗ることで再発を防ぐことができます。自然に放置していても治る病気なので様子を見ながら薬を使うかどうか考えてもよさそうです。

リシンプラス