口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスを早く治す方法を教えて

MENU

口唇ヘルペスの症状

 

体の不調は目で見てわかる場合とわからない場合があります。風邪の様に熱が出たり頭が痛いといった症状は目で確認することはできませんが、口唇ヘルペスの症状は目で確認することができます。口唇ヘルペスの初期症状は唇や口の周りの広い範囲に5mm程度の水泡ができます。

 

水泡以外でも熱がでたりリンパ腺が腫れるといった症状もありまが、感じ方は人それぞれです。水泡ができる前に口の周りの皮膚にチクチクしたりビリビリといった違和感が現れます。これが痒みの原因です。違和感を感じ初めて約半日で目で見てわかるように赤く腫れてきます。

 

口唇ヘルペスの治療はこの段階までに治療する方が良いと言われていますので、チクチクやビリビリと感じたら注意しておくようにしましう。赤く腫れ上がった場所に水泡ができると、次に水泡が破れて口周りがジメジメしてきます。ヘルペスウイルスは触れることでも感染するので患部に触れるのをさけるようにします。

 

もし触ってしまったら速やかに手を洗うようにしましょう。ジメジメになった後は約2週間かけてかさぶたから治っていきます。再発の場合、一部が軽症ですむことがあります。水泡が破れてしまう段階までいくと感染率が高くなるだけでなく感知するまでに時間もかかってしまいます。口の周りに違和感を感じたら口唇ヘルペスを発症する前触れかもしれません。少しでも赤くなり出したら病院を受診するようにしましょう。

リシンプラス