口唇ヘルペスは完治しません

口唇ヘルペスを早く治す方法を教えて

MENU

口唇ヘルペスは完治しません。

 

ヘルペスウイルスが原因で引き起こされる、口唇ヘルペス。 口唇ヘルペスに困っている人達が本当に多いという事実があります。でもその分、口唇ヘルペスを予防したり、発症した時に行える対策法も色々と考えられてきています。

 

今の医学では口唇ヘルペスは完治させることができないと言われています。 だからこそ、一度発症したら、あとは再発しないように予防したり対策を行ったりすることが大切です。 ここでは「治療法」というよりは、口唇ヘルペスの予防と対策についての効果的な方法に触れていきます。

 

口唇ヘルペスの症状が出る前に対策するお薬「アブレバ」

 

口唇ヘルペスは、病院に行っても症状が「出た後」で治療薬を出してもらう形です。 でも、実際は症状が「出る前」の段階で対処することが大切になります。 既に発症している人が「また口唇ヘルペスになりそうだな...」と感じたその時!これが対策を行うタイミングとして最良です。

 

そんな時に使用されているお薬が「アブレバ」と呼ばれる軟膏薬になります。 アブレバは、アメリカの食品医薬品局(FDA)が唯一認める市販薬なので、通販を利用して病院に行かずとも入手することができます。 しかし、日本国内では販売されていないので、その辺の薬局などで入手することはできません。

 

「 口唇ヘルペスを少しでも早く治したい!」という人達の声に応える形で生まれたアブレバは、口唇ヘルペスを発症しそうになりそうな時に塗っておくことで、症状からくる痛みや治るまでの期間を短くすることができる効果があります。 1本2g入りで1本で約500回は塗ることができるので、とってもコストパフォーマンスもいいのです。「発症しそう」と感じたら1分でも早くアブレバを塗ることが大切です。

 

口唇ヘルペスの症状を抑える

 

口唇ヘルペスに限らずヘルペスの発症抑制や、症状の抑制に役立つと言われているアミノ酸があります。 それが「リシン」です。

 

ヘルペスの症状を抑えるサプリメント「リシン+プラス」

そのリシンがたっぷりと配合された「リシン+プラス」には、リシンの他にもヘルペスに効果的とされる「亜鉛」「ビタミンC」「バイオフラボノイド」がバランス良く凝縮されています。 リシンには、ヘルペスの発症率を減らし発症時には治療スピードを速める力があると言われています。 亜鉛にはヘルペスの発生回数を減らす&皮膚の修復効果が、ビタミンCには皮膚の修復効果が、バイオフラボノイドには免疫を高めることでヘルペスウイルスの活動を抑える効果があるのです。

 

これらの効果を見てみると「リシン+プラス」はヘルペスに立ち向かう力を体内で育ててくれるものと言えます。 また、ヘルペスウイルスを抑制するためには、同じアミノ酸であるアルギニン酸以上にリシンを摂取する必要があると言われているのです。 これを効率的に行う上では、やはりサプリメントを活用するのが一番!となります。

 

口唇ヘルペスの症状を隠す

 

口唇ヘルペスの見た目の悩みを解消させる「コンピード」

口唇ヘルペスになった時、気になることのひとつがやはりその見た目です。 唇やその付近にできる水ぶくれや治りかけた傷口のせいで、見るからに痛々しそうな印象を与えてしまいます。 誰しもが目につく「顔」に出てしまうその症状のせいで、人に会うことが億劫になったり、仕事で誰かと対面することにも抵抗感を覚えてしまったりする人も多いようです。

 

特に女性の場合は、メイクに対するストレスを感じてしまうことも多々あるようです。 でも、そんな人達の悩みをどうにかしようと生まれた製品もあります。 それが「コンピード」です。

 

コンピードは透明なパッチで、傷や炎症で荒れた部分に貼ると、不思議とその傷などが目立たなくなるという優れモノです。 言ってしまえば、傷口に貼る絆創膏のようなものです。 ただし、絆創膏とは違って透明の専用パッチなので、貼っていることを誰かに気付かれることもなく、パッチの上から口紅を塗ることだってできてしまうのです。

 

そして、コンピードが凄いのは、その効果が見た目だけのものではなく、皮膚の自然治癒力を高めたり、傷口や水ぶくれなどの症状をやさしくカバーしたりすることができるという利点があることです。 有効成分が配合されている訳ではないのですが、発症期間を短くする効果も実際に認められています。 要するに、貼っていると口唇ヘルペスからの回復を助けてくれる訳です。

 

「コンビート」は外出時はもちろん、外出以外の時でも患部貼っておきたくなる便利パッチです。 口唇ヘルペスは何より発症を防ぐことが大切と言われていますが、いざ発症してしまったら、どれだけ上手く付き合っていくかが肝心です。 日常的な予防法や対策法としては、無理に身体を使い過ぎて過度に疲れてしまわないことや、体調を崩しやすいような生活習慣を送らないことも大切です。

 

ヘルペスウイルスに負けない身体づくりと、素早い対策の実践や日頃からの予防法で「口唇ヘルペスなんて怖くない!」と言える人達が増えてくれたらいいのになと感じています。 そして、そうこうしている内に医学が進歩して、完治する手段も生まれてくれることも期待しています。

リシンプラス


口唇ヘルペスは完治しません。記事一覧

口唇ヘルペスの症状を抑える口唇ヘルペスに限らずヘルペスの発症抑制や、症状の抑制に役立つと言われているアミノ酸があります。 それが「リシン」です。ヘルペスの症状を抑えるサプリメント「リシン+プラス」 そのリシンがたっぷりと配合された「リシン+プラス」には、リシンの他にもヘルペスに効果的とされる「亜鉛」「ビタミンC」「バイオフラボノイド」がバランス良く凝縮されています。 リシンには、ヘルペスの発症率を...

口唇ヘルペスの症状を隠す口唇ヘルペスの見た目の悩みを解消させる「コンピード」口唇ヘルペスになった時、気になることのひとつがやはりその見た目です。 唇やその付近にできる水ぶくれや治りかけた傷口のせいで、見るからに痛々しそうな印象を与えてしまいます。 誰しもが目につく「顔」に出てしまうその症状のせいで、人に会うことが億劫になったり、仕事で誰かと対面することにも抵抗感を覚えてしまったりする人も多いようで...

口唇ヘルペスから顔面神経麻痺を呈するリスク口唇ヘルペスから顔面神経麻痺に移行するリスクが存在するのは有名ですが、味覚や音の伝搬にも影響を及ぼす場合があります。顔面神経は表情筋の支配のみならず、味覚やアブミ骨筋の支配もしています。原因は不明となっているものの、口唇ヘルペスから顔面神経麻痺を呈するリスクは、耳鼻咽喉科疾患においては珍しいものではありません。男女差も関係なく、片側に現れるという特徴もあり...

口唇ヘルペスが悪さをした場合の対応策感染力が強い口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが悪さをした結果の症状です。人との接触によって感染するほか、ウイルスがついたタオルや食器類などからも感染が起こります。夫婦間で感染する場合もあれば、大人から子どもに感染してしまうということもあるのです。しかし、感染したからといって症状が必ず出現するわけではありません。無症状のまま終わってしまうこともあるのです。ただ...

口唇ヘルペスで重症化にならないための心得口唇ヘルペスは接触感染や飛まつ感染で容易に感染するのが特徴。感染しても必ず症状が現れないというのも特徴の一つです。主に幼少期に感染することが多いとされていたものの、現在は免疫力の低下によって、症状が表面化することがあります。幼児期の感染であれば症状が見られない可能性が高い口唇ヘルペス。しかし、大人になってからでは重症化することも少なくありません。症状は前駆期...

単純ヘルペスと帯状疱疹の違い単純ヘルペスと帯状疱疹は同じヘルペスウイルスが原因となって起こる病気です。いずれも、子どもの頃に初めて水ぼうそうにかかった後、ウイルスは神経節に潜伏しています。そして、大人になり免疫力が低下した時に発症します。虫刺されのような赤い発疹ができ、水ぶくれができます。一週間前後で水ぶくれは破れ、かさぶたとなり、3週間ほどで治ります。しかし、ウイルスの種類や発症部位、発症頻度な...