口唇ヘルペスの対応策

口唇ヘルペスを早く治す方法を教えて

MENU

口唇ヘルペスが悪さをした場合の対応策

 

感染力が強い口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが悪さをした結果の症状です。人との接触によって感染するほか、ウイルスがついたタオルや食器類などからも感染が起こります。夫婦間で感染する場合もあれば、大人から子どもに感染してしまうということもあるのです。

 

しかし、感染したからといって症状が必ず出現するわけではありません。無症状のまま終わってしまうこともあるのです。ただし、神経節にウイルスが残存し、免疫力が低下したのをきっかけに悪さをすることがあるため、日頃の生活で体に負荷をかけないような配慮は重要になります。

 

口唇ヘルペスは2週間ほどで症状が治まりますが、痒みや痛みを伴うこともあり、特にコミュニケーションを図るためにことばを発する際に、不快な症状を呈することがあります。軟膏や服薬によって治療が行われるものの、特効薬というのは現状としては存在しません。

 

どのような状態でも水泡が破れてかさぶたになるという経過をとることが多いため、気長に感染を防ぎつつ、毎日の生活を過ごすことが重要とされています。もちろん、生活習慣を正すことによって、今後のリスクを低下させることは十分可能です。アトピーなどを持っている場合には、重症化する可能性もあるため、適切な対応を専門機関に求めることも必要になるかもしれません。

リシンプラス